喪中はがき、コンビニで販売されてる?印刷サービスは使える?

コンビニで喪中はがきや、弔事用の郵便はがき、弔事用の切手は売っているのか?中見舞いは?実は販売されているお店は非常に少ないです・・・

この画面は、簡易表示です

コンビニで喪中はがきや、弔事用の郵便はがき、弔事用の切手は売っているのか?実は販売している店は非常に少ないです・・・

コンビニ店頭で、喪中はがきは年賀はがきと同じように販売されてる?

喪中はがきはどこで買える?

コンビニ店頭では、例年見ていると(今シーズンはどうかは分かりませんが)、年賀はがきのようにデザイン・文面が印刷済みの喪中はがきが店頭に並ぶことは、まず無いと考えておいたほうがいいかもしれなせん。
(渋谷などの繁華街のコンビニで5枚1パッケージの喪中はがきを見かけたことはありますが、ほとんどのコンビニ店頭では取り扱っていないと思います)

そして、弔事用と言われる「切手のデザインが胡蝶蘭の郵便はがき」と、やはり「弔事用と言われる花文様の切手」のどちらも、まず在庫していることはありえないと思います。

コンビニ各社は外部委託商品として、年賀状・喪中はがきの印刷サービスを取りついでいます。

大手のセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートといった大手コンビニでは、どの店頭でも、まず確実にはがき印刷の取り次ぎを行っているはずです。

ただし、その印刷料金や安くはありません。
で、はっきり言いますが、年賀状印刷はともかくとして、喪中はがき印刷の扱いが、年々しょぼくなっている印象があります。

特にセブンイレブンとファミリーマートの喪中はがき印刷に関しては、用意されているデザイン数が非常に少なく、特にセブンイレブンに至っては、喪中はがき定番のモノクロデザインのものが1つも用意されていません。

ことしけっこう話題になっていましたが、コンビニ業界のFC構造とか、各店舗オーナーの経営を取り巻く環境は楽ではなく、そうなるとやはり効率重視で喪中はがき印刷のような市場の小さなものは扱いにくい、ということなのだろうと推測しています。

コンビニ店頭では、無地の一般的な郵便はがきは、まず確実に在庫されていると思います。しかしながら、喪中欠礼や法事の連絡などによく使われる(使うことが推奨される)弔事向けはがき、これは官製はがきの一種で切手部分のデザインが「胡蝶蘭(コチョウラン)」となっているだけの違いですが、コンビニ店頭では在庫していないことがほとんどだと思います。

自宅で私製はがきで喪中はがきを作成し、切手だけ喪中っぽくしたい、ということもあると思いますが、コンビニ店頭では喪中や法事の弔事用に推奨される「花文様(地が薄紫)」の切手をストックしている店舗はまず無いと考えてよいと思います。

平日、郵便局さえ開いていれば、あいさつ文が“印刷済み”の喪中はがきが販売されています。

もちろん、弔事用の郵便はがき弔事用の切手、も販売されています。

郵便局店頭での喪中はがきの扱いについては、こちらのサイトでまとめてありますので参照ください。
→ 郵便局での喪中はがきの販売状況と印刷サービス

ということで、送付のタイミングを外せない喪中はがきについては、コンビニ店頭なら「当然、喪中はがきって売ってるよね?」とか「枚数、あるかな?」というコンビニへの期待を持つことは、あまりおすすめできません
おしせまって、あわてて深夜にコンビニに行っても行き損となる可能性が非常に高い、ということです。

喪中はがき印刷サービスを使うなら、コンビニよりも印刷専門業者のネット通販の方を強くおすすめします(理由については後掲)

そのひとつが【ネットスクウェア】。
スマホからも簡単に申し込めてとにかく早割料金が激安です。

 

コンビニ店頭で印刷済みの喪中はがきを売っていないのなら、どこで印刷済みの喪中はがきを手に入れるか。

印刷済みの喪中はがきは郵便局や楽天やAmazonで販売されています

あなたがイメージしている喪中はがきは、コンビニ店頭でも販売される「デザインや文面が印刷済みの年賀はがき」のようなものだと思いますが、この印刷済みの喪中はがきは郵便局の窓口(2016年は9/30から発売)や楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングなどのインターネット通販で販売されています。通販なら在庫があれば、年中いつでも販売されているかもしれません。

ただ、以下、お読みいただくとお分かりいただけるかと思いますが印刷専門業者のネット通販の印刷サービスの内容をみると、わざわざ印刷済みはがきを利用する必要性も薄いように思いますので、参考にしてみてください。

郵便局で喪中はがきを買う場合の注意点

郵便局で喪中はがきを買うときの注意点
郵便局でも印刷済みの喪中はがきは購入することができます。
(発売時期は例年9月末か、10月あたま)
ただし、以下は注意しておくと良いと思います。これは郵便局に限らず“印刷済み喪中はがき”全般に共通する点です。

  1. 郵便局の窓口で買える喪中はがきですが、文面は印刷されていますが、故人の方の名前や享年、亡くなった月日などは当然入っていないので手書きするしかありません。これは数枚程度ならやれますが、50枚、100枚となるとかなりの重労働となります。実際ときどき、どなたが亡くなったのかわからない喪中はがきが届きます。大切な人なのか、お年寄りの大往生なのか・・・受ける側としては次に会った時にひと言言えるのとそうでないのとでは大きな違いがありますね。
  2. 郵便局で販売されている印刷済み喪中はがきは、デザインは一昨年・昨年・今年といずれも4種類のみ、と非常に選択肢はわずか。
  3. 郵便局で販売されている印刷済み喪中はがきはコンビニで売っているデザイン入りのもの同じように袋に5枚ずつパッケージで小分けになっています(1セット520円税込と590円税込の2種類、昨年の金額)。これを大量に購入すると割高になると思います。
  4. 郵便局も喪中はがきの印刷サービスを行っていますが・・・正直、あまりお安くはないです。(後掲)
  5. 切手が印刷されていない私製はがきタイプのものが販売されています。自分の家でパソコンとプリンターで印刷ずることも可能ですが、これは切手を貼る必要が出てきます。やはり枚数が多いと楽ではありません。

 

「印刷済み」よりも「セミオーダーメイド印刷」

上で解説しましたが、郵便局で販売されるものに限らず「印刷済み」には割高で融通がきかない、というデメリットがあります。
必要枚数が大量な場合は、格安で自分用にカスタマイズしてもらえる「セミオーダーメイド印刷」&「ネットで簡単!」のほうがメリットが大きいいのではないでしょうか。

また繰り返しになりますが・・・
印刷専門業者のネット通販の印刷サービスの方がおすすめです。

なぜならコンビニやスーパーの印刷サービスは、仕組みをみると取り次ぎしているだけなので、当然ながら作業そのものは外注されることなり、その分は単純にコストに反映されます。また印刷のみで生きてきている人たちとの差というものは当然、そこにはあるわけです。

 

喪中はがきのネット経由の印刷通販サービスは、かなり割安です!

コンビニの店頭・ホームページからも申し込める喪中はがき印刷サービス

季節が進むと、コンビニに限らず、喪中はがきや年賀状の印刷サービスがあちこちで行われることになります。
セブン-イレブンなどコンビニ各店舗で喪中はがきの印刷サービスが始まっています。

コンビニの店頭に行くと年賀状印刷のカタログがおいてあって、ほぼ確実に後ろのほうのページに喪中のページも用意されています。

デザインを選びつつ、喪中であれば故人の氏名や享年などを書き込んで、枚数を決めて申し込むことができます。

店頭でも受け付けてもらえますし、インターネット経由でもコンビニのホームページでデザインを選びつつ申し込むことができます。

.

ただし、コンビニやスーパーなどのように取り次ぎだけしているところと、印刷業の一環として、はがき印刷サービスをおこなっている企業もあり、そこはコストひとつとっても差があることは明白です(後掲)。もし特にナナコポイントやポンタポイント、Tカードポイントなどを貯めているとか、そういったこだわりが無いようでしたら、品質もよく格安な料金で注文を受けてくれる印刷専門業者のネット通販を利用することをおすすめします。

 

はがき印刷専門の通販型サービスが最もお得でニーズ対応も柔軟です!

はい、実はコンビニやスーパーのように店頭受付も半分前提としている印刷サービスがある一方で、はがき印刷のネット通販に特化したサービスもあって、これは店頭を持たない分と独自に印刷設備と機能を持っているので、ずっとずっと割安でカスタマイズも利く、使う側からするとメリットの高いサービスを行っている会社もあります。

通販型のはがき印刷専門業者の激安印刷料金はこんな感じ

みなさんがイメージしがちなのは、印刷済みの喪中はがきだと思います。

それは郵便局の店頭で販売されていて、店頭があいていれば購入が可能です。

ただし、その印刷済みの喪中はがきにはひとつ問題点があります。

その郵便局の喪中はがきを店頭で50枚購入するとしたら、安いほうでも580円(5枚)×10セット=5,800円となります。
(2019年、税込)

ただし、ネット通販専業のネットスクウェアという印刷会社では50枚の印刷費が1,552円、はがき代が3,150円で合計4,702円で済んでしまいます。
(2020年9/10時点の早割料金、税込、常時送料無料)

おまけに印刷済みの喪中はがきなら故人の名前や享年などは手書きになりますが、ネットスクウェアでの印刷はセミオーダーメイドなので文面中に入れ込んで印刷できます。
とてもスマートな喪中はがきが出来上がりますね。

【ネットスクウェアの公式サイト】
https://nenga.print-netsquare.com/mochu/

ということで、裏面印刷費のみの比較ではありますが、一つの目安として喪中はがきの印刷料金の比較を行ってみました。

喪中はがきの印刷サービス、ネット通販で安いのはどこか?

いろんな会社が喪中はがきの印刷サービスを行っていますので下記にわかりやすく比較してみました。

[table id=2 /]

▲▼をタップすると印刷費が安い順高い順に並び替えが可能です。
※11/11時点の、最安デザインの裏面のみの印刷料金で比較(税込)
※早割料金で算出しています。シーズンが進むと料金も順位も変動します。
※この数値以外に、別途、ハガキもしくは切手代や送料がかかります。

※参照:「喪中はがきの印刷 最安はどこ?(2020年末2021年年賀欠礼向け更新中!)」の情報に一部加筆

安さのネットスクエア(宛名印刷も安い)、印刷料金はネットスクウェアほどではなくても安めでデザイン数が豊富で納期が「最短当日出荷」のおたより本舗は、一般的にはあまり知られていない会社ではありますが、すでに実績もたっぷりで例年この市場をリードしているところがあります。

よかったらサイトのクオリティやデザインの豊富さなどもチェックしてみてください。
言えることは、こういった印刷専業のサービスでは、印刷そのものやwebサイトの作りにかける意気込みや覚悟、実際のところの設備や人材への投資量が違います。

失礼ながらコンビニの喪中はがき印刷サービスは、基本的に外部委託。
料金も高くなるわけですし、しょせん大量にある商品のうちのひとつです。

 

ネットスクウェア

●ネットスクウェア

ネットスクウェアの安さを見て楽天などの格安そうな通販モールの印刷サービスを見てみたのですが、送料だなんだかんだと結局はネットスクウェアに軍配が上がる感じです。
何よりも選べるデザイン数や印刷のクオリティ、注文時のスマホなどの対応などちょっとそこは小さな街の印刷屋さんとはレベルが違いますね。

 

おたより本舗

●おたより本舗

おたより本舗のメリットは、この時期であれば、やはり圧倒的な納期の早さ。お昼12時までの発注で当日出荷で対応してもらえます。金曜日の12時までに発注完了できれば、宅配事情に問題がなければ土曜日には印刷済みの喪中ハガキが到着しますので土日で宛名書きすれば、週末で投函まで完了できますね。

ちなみに、おたより本舗の喪中はがきのデザイン数は、おそらく業界最多の388点です。こういった充実の体制が4年連続ネット通販のはがき印刷件数No.1につながっていると思われます。

 

挨拶状ドットコム

●挨拶状ドットコム

挨拶状ドットコムは宛名印刷が無料(期間限定)なので“総額”が安くなりますし、投函代行のサービス、デザインの豊富さもありがたいです。そして納期が早いです。
お急ぎだったらオススメですよ。

 

Rakpo(ラクポ)


https://rakpo.com/mochu/

Rakpo(ラクポ)はネットスクウェアほどお安くはないんですが、でも上で掲載したグラフを見ていただくとわかるように、かなり安い方の料金設定であることがお分かりかと思います。

Rakpo(ラクポ)のおすすめポイントとしては、価格面だけでなく、喪中ハガキではあるんですが、けっこうおしゃれでスタイリッシュなデザイン・テンプレートが多いんです。
それもカラーだけでなく、モノクロでおしゃれでスタイリッシュなデザインが選べます。
ネットスクウェアがいわゆる定番のモノクロのデザインが多いので、オーソドックススタイルならネットスクウェアですが、喪中であってもひと捻り入れたい人ならRakpo(ラクポ)がいいかも、です!

 

喪中はがき印刷は必ずしもコンビニにこだわる必要はなし

コンビニをはじめとして一斉に喪中はがき印刷のキャンペーンが始まりますが、コンビニやスーパーでポイントカードでポイントためたりするのもいいんですが、ネットスクウェアのように圧倒的に激安なサービスもありますし、またデザインや紙質の好きずきもあると思うので、あれこれチェックして比較してみるとよいでしょう。

今年は喪中で地味に終わっても宛名印刷で宛名のデータを保管してもらえば、来年は思いっきり年賀状でデザインなど選んで楽しめると思います。

 

 

.

コンビニ各社の印刷サービスの比較についてはこちら。
セブンイレブン、コンビニ各社の年賀状はがき印刷は安い?




top