喪中はがきが早いのは?印刷の納期納品を比較しました。

喪中はがきはコンビニで売ってる?販売されているといいんですが・・・年賀状はがき印刷は安いかな?

年賀状・年賀はがきの印刷はコンビニで簡単に発注申し込みできるようになっていますが、喪中はがきは販売されているんでしょうか。年賀状のように売っていると助かるんですが。でもはがき印刷は安いんでしょうかね?デザインがかぶるのって嫌ですよねw?宛名印刷は?丸投げできる?複数割引は?あれこれ気になりますね・・・。

MENU

コンビニでは
喪中はがきや弔事用切手は
ほとんどのお店が販売していません


スピードのあるネット通販の印刷サービスがおすすめです!

急ぎの納品ならここ。
お昼12時までの発注で当日発送が可能です!

「24喪中はがき」
株式会社ワンオール




世の中全部を
見たわけじゃないですけど・・・
裏面印刷のみならここが一番安そうです!
スマホで扱いやすい!

ネット専業・ハガキ印刷の専門サービス
ネットスクウェア

喪中はがきが早いのは?印刷の納期納品を比較しました。

押し迫ってくると年賀状や喪中はがきの手配、これは焦りますよね。

特に喪中はがきは早めに出さないと、相手方がすでに年賀状を用意している可能性もあるので、身内が亡くなってしまったという事実があるにしても、これはけっこうなマナー違反となってしまいます。

年賀状が書き上がっている以上はその年賀状は差し出すわけにもいかず捨てられてしまうか、書き損じで割り戻すという手もありますが、手間はかかるし手数料も引かれます。

まあこれはお金の問題ではないですよね。

(一層のこと、年賀状を受けておいて、寒中見舞いで年賀欠礼を詫びるという手もあります。http://kanchu.aisatsujo.jp/

ということで納期の早さを売り物にしているはがき印刷サービスの会社をピックアップしてみようと思います。


喪中はがきが早いのは?印刷の納期納品を比較しました。

いくつかの喪中はがき、年賀状の印刷サービスの納期を比較してみました。


キンコーズ


やっぱり特急サービス(有料)も含めるとキンコーズが一番ですね。
デザインや仕様によりますが喪中はがきは基本的に24時間仕上げとなっています。
前の日の夕方に店頭でお願いして(もしくはネットで前日に発注して)翌日の夕方には受け取れる、ということになります。

当然、店頭に出向くことができる、ということが条件なんですが、知っている人はわかると思いますが、キンコーズは基本的に都市型の出店ですし、あと24時間営業していない店も多々ありますので、そういうお店を探して発注するということになります。

宅配してもらう場合には申込日の「翌営業日」に発送となりますが、送料がかかりますがちょっと高めですね。



24喪中はがき


「24喪中はがき」という年賀状や喪中はがきの印刷専門のサービスです。

ネット専業ですが営業日のPM4時までの申し込み完了で、発送は「翌営業日」
木曜日の16時までに申し込めば、土曜日には配送される、ということですね。
送料は無料です。
(北海道、関東、関西に印刷工場があるのでほぼほぼ日本全体カバーされてます)

あと「24喪中はがき」にはナイスな保証がついています。
こっちがたとえば年号を間違えて刷り上がってしまった年賀状も
無料で刷り直してくれます!
また、はがき代は基本5円引きの47円です。

「24喪中はがき」(株式会社ワンオール)

はがきが5円引きとなります!




挨拶状ドットコム


挨拶状ドットコムはやはりネット専業の挨拶状印刷の専門業者です。
ここも「24年賀状」と同じく発送は「翌営業日」です。
申込みは夜の24時までで受けてもらえます。

挨拶状ドットコム
喪中はがき


挨拶状ドットコムは宛名印刷が無料になるキャンペーンやってます。
(宛名印刷をやると納期は遅くはなります)




コンビニでは喪中はがきや弔事用切手はほとんどのお店が取り扱っていません!スピードのあるネット通販の印刷サービスがおすすめです!

お昼の12時までのなら当日出荷可能!
宛名印刷込みで安い!



とにかく安い!


デザイン豊富、納期が早い
宛名印刷無料

喪中はがき